トレーニングは朝?夜?

朝と夜、どちらで筋トレを行なった方が効率的なのか。同テーマで様々な研究が行われていますが、その結果も様々というのが事実です。
一概には言えないため、自分の運動目的や体質を踏まえた上で、ライフスタイルにフィットした時間帯に筋トレを行うことが大切なんです。
これから紹介するそれぞれのメリットとデメリットを参考にして、自分に合った時間帯を選んでみてください。

 
●朝に筋トレを行うことで、代謝がアップしやすいと考えられています。また朝に軽い運動を行うことで集中力を高める効果も見込めます。

朝筋トレのメリット

・本格的な活動の前に代謝が高まることにより、1日トータルの消費カロリーがアップしやすい。
・適度なトレーニングには集中力を高める効果があると言われているため、そのあとの本格的な活動(仕事やお出かけなど)にすっきりとした気持ちで臨むことができる。
・ジムが混んでいない時間帯なので、ノンストレスでトレーニングができる。

朝筋トレのデメリット

・体温が上がっていないため、自分の限界を超えるような激しい運動は不適切。
・同様の理由で、無理な筋トレは病気やケガのリスクを高める。
・早起きが苦手な人が無理をしたり、睡眠時間を削ってまで筋トレをするのは、生活の質を下げるためおすすめしない。
 
 
 
●夜の時間帯は、しっかりと筋トレを行うのにうってつけ。効果的に筋肉を増やしたいなら、朝より夜がおすすめです。寝る前の激しい運動には注意しましょう。

夜筋トレのメリット

・体温が上がっているため、高重量を扱って限界まで追い込みやすい。
・その日感じたストレスやモヤモヤを発散。達成感を持ってその日を終えることができる。
・就寝時間の3時間くらい前に適度な運動を行うと、寝つきが良くなると言われている。
・寝つきがいいと快眠につながり、成長ホルモンが出やすくなる。筋肉の修復・合成がスムーズに進むことが期待できる。

夜筋トレのデメリット

・就寝前に激しく身体を動かすと、寝つきが悪くなることも。
・他の予定に圧迫されて、トレーニングの時間が確保しづらい。
・仕事や他の予定で体力・集中力を使ってしまい、ベストパフォーマンスを出しにくい場合もある。
・ジムのピークタイムにあたるので、利用に際してのストレスが多い。

前の記事

筋トレには卵!?